新築一戸建てを売却する方法

新築一戸建てを売却する方法 やむを得ない事情があって新築一戸建てをすぐに手放さなければならなくなった場合の売却方法は、基本的には通常の一戸建てと一緒です。売却の流れは、買い手を探して取引条件について交渉を行うところからはじまります。自分で探す方法と宅建業者に仲介を依頼する方法があり、どちらを選んでも良いですが、仲介を依頼した場合は後々仲介手数料を支払わなければならないので注意が必要です。
もし、購入希望者との交渉がまとまったら、売買契約書を作成して署名捺印をし、買主から手付金をはじめとした購入代金の一部を受け取り、引渡し日に残りの代金の精算や書類等の譲渡を行います。所有権移転や抵当権設定などの登記は、司法書士に依頼すれば代行させることができます。
新築一戸建てはすぐに売ることになった場合は、高値がつくことが多いです。しかし、すぐに売るからといって購入価格がそのまま販売価格になるわけではありません。これは、土地と建物の権利が購入した人のものにほんの短期間ではあるものの移動していることと、周辺の環境や物件が所在する地域の取引状況も加味されて販売価格が決まることが主な理由です。

購入する際は徒歩圏内で行ける施設を確認

購入する際は徒歩圏内で行ける施設を確認 新築一戸建てを購入する場合には色々と考えることがあり、駅までの距離やスーパーやコンビニ、病院まで行くのにどれ位歩く必要があるか等よく確認することが大切です。子供がいる場合には学校が近くにあるかチェックする必要がありますし、公園のような憩いの場も歩いて行けるか等しっかりと調べることが重要です。そのためにもインターネット等を使って詳しく調べることが大切ですが、不動産屋さんに行ってスタッフに相談に乗ってもらえれば詳しい情報を聞ける可能性が高いです。
不動産屋さんでは新築一戸建ての物件を多数取り扱っていて徒歩圏内で行ける施設を教えてもらうことができるので、それを参考にして購入する物件を決めることができます。特に学校や公園などは徒歩圏内にないと苦労することが多く大変な思いをすることもあるので、この点に関しては十分に注意する必要があります。新築一戸建ては値段が高いこともあり一生に一度の買い物になることもあるので、この道の専門家である不動産屋さんに色々と話を聞くようにした方が良いです。

新着情報

◎2020/11/13

最新の建築技術がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

新築一戸建てが人気の理由
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

新築一戸建てを売却する方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「新築 売却」
に関連するツイート
Twitter